ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ イカサマ

オンラインカジノで遊ぶ時にイカサマされていないか心配になる人は多いです。

日本で人気のベラジョンカジノといえど、ゲームが公平に行われているか心配になる気持ちはわかります。

そこで、ベラジョンカジノでイカサマを行っている可能性はあるか調査しました。

ベラジョンカジノはイカサマしてる?

まず結論から言うと、

ベラジョンカジノではイカサマは行われていない

といっていいです。

理由としては、カジノ側がイカサマしたくてもできない制度を導入していました。

ここから理由を簡単に説明していきます。

ベラジョンカジノの信頼性

イカサマするメリットとデメリットとしては、

  • メリット:カジノ側の利益が増える
  • デメリット:悪評が広まるとプレイヤーが減る

というものが挙げられます。

イカサマすると、当然ゲームの公平性は失われてカジノ側の利益は増えます。

しかし、その結果として悪い評判が出回ってしまうとプレイヤーが減って自分たちの首を締めることになるので、信頼できるオンラインカジノではまず行われません。

そのため、チェックポイントとしてオンラインカジノ自体の信頼性がまず1つあります。

マルタライセンスを取得

ベラジョンカジノでは、ライセンス発行国の中でも1,2を争う審査の厳しさで有名な「マルタライセンス」を取得しています。

マルタライセンスは取得後も定期的に審査を行っているので、イカサマしていることがバレるとライセンス剥奪などの厳しい処置が取られます。

また、ベラジョンカジノの運営企業は親会社がトロントの一部上場企業です。

詐欺的な運営やイカサマをしてしまうと大変な損害を受けるため、そんなリスクをおかすとは思えません。

RNGを導入

ベラジョンカジノでは、「RNG」という制度を採用しています。

RNGとは「ランダム・ナンバー・ジェネレーター」の略で、日本語でいうと「乱数発生装置」です。

そして、このRNGはカジノ側で自由に設定することができません。

機械的なシステムで常に乱数を作り出して抽選しているので、カジノ側はイカサマしたくてもできないということですね。

このRNGによって、長期的にプレイしていると必ずRTP(払戻率)に近い数値になる仕組みです。

信頼できるソフトウェアを採用

さらに、ベラジョンカジノでは「マイクロゲーミング」や「エボリューションゲーミング」「ネットエント」など信頼性が高いソフトウェア会社を採用しています。

ソフトウェア自体のセキュリティ性も高いので、ベラジョンカジノでは安心して遊べるといっていいでしょう。

まとめ

  • ベラジョンカジノはマルタライセンスを取得
  • 運営企業は一部上場企業なので問題が起きると致命的
  • RNG導入でイカサマしたくてもできない仕様
  • 信頼性の高いソフトウェアを採用

こういった点から、ベラジョンカジノがイカサマを行うことは考えにくいです。

中には、「○○法を使ったのに20連敗した!」など通常は考えにくい結果になったという人もいるかもしれません。

しかし反対に、オンラインカジノでは超高額ジャックポットで1億円以上獲得している人も実際に存在します。

20連敗も億超えジャックポットも、起きる可能性はありますし、それがギャンブルの面白いところではないでしょうか。